オンライン・インバウンドビジネスコース開設します!


地方のインバウンド促進に取り組んできたこの4年間、都会の理屈とは全く違うデメリットを克服し、地方ならではのメリットを生かすことに試行錯誤を重ねてきました。

その積み重ねの中、地域のインバウンドプレーヤー(宿泊事業)でありインバウンド人材育成拠点(英会話スクール)というスタイルを作り出すことができました。それには、連携するインバウンド事業者や行政、DMO、そして地域のコンテンツプレーヤーの方との出会い無くして今の立ち位置は語れません。


(Airbnb日本オフィスにて)


(せとうちhorics、台北クラフトマルシェ『pop up asia』)


(共に前進し続けてくれた仲間たち)


(生徒の皆さん)


(せとうちDMOコンテンツブラッシュアップ事業)

(英会話スクールから民泊ビジネスへ参入)


(地域プレーヤーとのコラボ体験コンテンツ)


(メディア取材を受ける講師と生徒さん)


(ソトコト/2018年3月号/地域にある暮らし)


(『ローカルと旅人をつなぐ拠点』としてご紹介頂きました)


2020年グランドオープン『穴吹邸』


(外国人クルーズ船おもてなし、英語ボランティア)


(高松で一番訪日客が多いカフェ、さらなるおもてなし向上へ(出張インバウンド英会話レッスン))


特に、「魚屋の川越さん」や「漁師の玉浦さん」のような地域の一次産業を担う若い事業者との出会いは、私たちのターニングポイントとなりました。

彼らはそれぞれの本業に何かしらの疑問を持ち、これから何年もその事業に従事していく上で何かが足りないと感じていました。そこで答えを求めた末に興味を持ったのがインバウンドビジネスでした。

私たちがいる香川県は幸いインバウンド客の増加が全国的にも早く、非常に恵まれている環境にありました。ただ、訪れる観光客は観光名所を巡る旅行ばかり、地元で何かを深く体験するというコンテンツはほとんどない状況でした。
そういった外部環境が後押しして、私たちが出会うのはそう難しくありませんでした。

『何から始めたら良いのか分からない』

彼らの困りごとを聞いた時、すぐに一緒に先行事例を作りたいと思いました。

ツアーの素材探し、ストーリー作り、英会話レッスン、トライアルツアー、Airbnb販売サイト立上げサポートなど、すべてを私たちチームでサポートさせて頂きました。

そうして完成したのが、川越さんの「魚市場ツアー」であり、玉浦さんの「サンセットクルーズ」でした。

川越さんツアー:https://www.airbnb.jp/experiences/301907?source=p2


(ローカルの魚市場を舞台にツアーを企画)


(現役の魚屋、川越さんが英語でガイドします)


(ゲストとの新たな出会いが何よりの報酬)


今回、私たちは仮説を立てました。

「川越さん」や「玉浦さん」のように、地方の一次産業に従事し、彼らと同じくインバウンドに興味持っている事業者が全国にはまだまだいるのではないのか?

川越さんの成功事例を見ながら感じる事は、旅行者はその土地でしか感じられないリアルな体験を求めていること。そこでしか味わえない歴史や文化を、そこで働く一次産業従事者(漁業や農業など)が登場人物として迎えてくれることこそ刺激に溢れるプライスレスな体験になっていると確信しました。


(せとうちの漁師がガイド、漁船でサンセットクルーズ)



そこで私たちはこの度、地方の一次産業従事者を対象としたオンラインでのインバウンドビジネスコースを来年以降に開設する準備に入りました。

都会のコンサルティングには出来ない、地方の私たちだから共感し、実際に体験を販売して軌道に乗るまでのサポートを目指します。

コースの詳細はまだ発表できませんが、もしご興味のある方がいらっしゃればぜひお気軽にお問合せください。
お互いに成長できるパートナーとして、地方で活躍したい志を持つ事業者の方を募集致します。

ぜひ一緒に、地方から新しいムーブメントを起こしていきましょう!


有限会社INAKA TOURISM
代表 穴吹 英太郎