おもてなしボランティア in 商店街

Eitaro

(朝9時に高松に着岸する「ダイヤモンドプリンセス号」)


こんにちは、代表の穴吹です。

皆さんは、高松にたくさんのクルーズ船が寄港しているのをご存知ですか? 今年は、なんと合計28回のクルーズ船寄港が予定されているそうです。

そして今回、初めて「ダイヤモンド・プリンセス」という過去最大の約2700名を収容する巨大クルーズ船が寄港します!

今回は、大型クルーズ船「ダイヤモンドプリンセス」の寄港(8/25)に当スクール生徒さんと行ったボランティア活動についてのご報告です。

 

《船概要》

「ダイヤモンド プリンセス」

 総トン数:115,906トン、全長:290m、乗客定員:2,706名

《寄港日》

  ①2019年8月25日(日) 9時入港/17時出航

  ②2019年9月25日(水) 9時入港/17時出航

 


(この日のために香川県が制作したボランティアビブス。弊社アイディアを採用してもら得ました)


(港から商店街までシャトルバスで到着、ここからが私たちボランティアの活動です)


(降り立った皆さんは、栗林公園への行き方やお買い物など質問がたくさん。教室をとび出し、街中で英語を使い誰かの役に立っている姿を見せる生徒さん、スクールとして本当に嬉しかったです)


(単純な質問事項だけでなく、目的地に案内している途中で会話を楽しんだりしたそうです)


(この時に備えて浴衣姿のスタッフを増員していた呉服屋さんには、見事に多くのお客様が入っていました。たくさんお買い物してくれたそうです)


朝9時半から始まり、午後3時まで活動しました。流石に疲れましたが、普段は味わえない非日常の時間を楽しめました。

その後、小さな打ち上げをえいたでしました。

なんと、今まで見たことないくらい皆さん盛り上がっていて、皆さん誰かに共有したくなる体験をされたんだろうなと手に取るように分かり本当に企画出来て良かったなと思いました。 企画段階から感じていたのは、クルーズ船寄港は「お祭り」に似ている。その日を目指して準備して、当日は私たちもめいいっぱい楽しむ、大人にとって良い趣味になります。

参加者の中では「リタイア後にしたい事が見つかった」と仰っている方がいて、とても印象的でした^ ^

ということで、今年はもう一度、ボランティア参加のチャンス有り! 次回(9/25) は平日にも関わらず、10名もの生徒さんが参加予定です。 商店街のおもてなし最前線で、また生徒さんたちの楽しむ姿を見れるのが楽しみです!

 


ボランティア参加者の皆さん。 お疲れ様でした!