【生徒】商店街を歩く外国人に話しかけたくて

えいた生徒 Diona

みかさん 40代 女性 学習塾教室長 受講コース:週1回 /6ヶ月


<英語を勉強したいと思ったきっかけは?>

私の父は、商店街のテナント貸借を仲介する仕事をしていました。
高松の商店街は、日本一長いアーケードを持つことで有名です。そんな商店街を仕事であちこち回る父を見ていた私は、やはり商店街を歩くのが好きです。
最近では商店街を歩く外国人が増えてきました。街を歩く彼らに話しかけたいと思ったのがきっかけです。


<先生との授業はどうですか?>

言いたいことがあってもうまくまとまらずに、1分間以上「うーん….」と考えこんでしまう私に辛抱強く付き合ってくれます。言いたかったことをうまく英文にしてくれるので勉強になります。また、カタカナ英語の発音のクセも直してくれるので、自分では気がついてなかったところも改善できています。ずっと独学で勉強してきたので通ってよかったと思っています。

<最近、英語を使いましたか?>

私が一番英語に触れる機会は、仕事柄英語を教えている時です。
現在、小学生から高校生までに英語を始め、他の教科も教えています。

私が教えている英語は、主に受験を目指すための英語なのでコミュニケーションのための英語は不足しています。
ただ、教科書が会話文重視になってきていることもあり、英会話の必要性が高まってくると思います。今後は、英会話
をもっと身近なものにしていくことが求められているのではないでしょうか?

<最後にメッセージを!>
仕事中心の忙しい毎日を送っていると、どうしても視野が偏りがちになってしまいます。異なるカルチャーを持つ人と会話することがいい刺激になります。
先生をはじめとする”えいた”スタッフの皆さん、イベントや忘年会などで知り合った生徒さんたちとの出会いが一番
の収穫です。


只今「うーん」と考え中。先生はディオナ


”えいた”のイベントに参加!フランス人の方と日本人の生徒さんとでチームを組んで挑戦。見事勝利!