Teachers interviews 【Me'an編】

こんにちは!インターン生のきょうかです!

今回はMe’an先生にインタビューを行いました!
普段の授業ではなかなか聞けない、いろんなことを聞いてみましょう!

・なぜ先生になろうと思ったのですか?

先生は私の小さい頃からの夢です。私の兄弟姉妹やいとこ、近所の人も先生をしています。しかし、様々な人に出会い、いろいろな経験をしたことで、先生になるという夢を大学では追い求めることはできませんでした。大学卒業後、小さい頃からの夢であるESL(English as a second language)worldを目指すことにしました。講師の経験が浅かったため、リスクは大きく不安なことも多くありましたが、夢を叶えるために努力しました。セブで英語を教えた3年間は、人生で最高の瞬間の一つです。今人生において最高の時を過ごし、私の小さい頃からの夢を実現できているので幸せです。


 
 
・日本の生徒さんの印象はどうですか?

皆さんご存知のように、日本人は働き者で知られています。私自身日本に来て、それを実感しています。また仕事だけでなく、趣味にも一生懸命です。全てのことに情熱を持って取り組んでいます。一方で、シャイで本音を伝えることに苦手意識を持っているように思います。


ふくや呉服店とのコラボ企画「ゆかたでGo!」の先生でもあります!


・教えるときはどんなことに注力していますか?

生徒のレベルを考えるべきだと分かってはいるものの、楽しむことやモチベーションを最も優先しています。50分間の時間の中で私ではなく生徒さんに長く話してもらえるように、ベストを尽くしています。


 
 
・生徒の皆さんにメッセージをどうぞ!

Patience、Persistence、Positiveの3つのPを覚えていてください。これは大学で教授に教わったことです。(3つのPの意味を確認してみてください。それが私から皆さんへのメッセージです。)