【インバウンド受入支援】出張講座を実施しました

高松市からの受託事業「高松中央商店街外国人客受入対応力支援事業」における出張講座を行ってきました。

当事業はお申込みいただいたお店に対して、一店一店それぞれに多言語ツールの作成、出張講座(接客練習)などのサービスを提供する事業です。

外国人観光客がより楽しめる街になるためにも、彼らを上手に接客できる成功事例となるお店を増やすことを目的としています。

今回はご近所の「ふくや呉服店」さん。
すでに行っている着物レンタルサービスを外国人の方にも提供できるようにチャレンジです。


英語を話せなくても大丈夫、音声翻訳アプリをご紹介!
相手が何を求めているか、それさえわかれば接客はスムーズに。


来店したお客様を接客する台本(英語)も作成。 「私でもできるかも」と感じれるよう、シンプルな表現に。


経営側が台本や多言語ツールなどの作成をしても、いざ実際に来店した際に現場側は使えないというケースが良くあります。
作ったツールをしっかりと使える状態までレクチャーすることで、受け入れ態勢が改善されたと言えますね。

ご参加ありがとうございました!

(すでに年明けから外国人の方が2組ご利用いただいたとのことです!)