【ゲストハウス】おもてなし英会話(チェックイン編)

Celine Diona Eitaro Hikaru Me'an wenwen

オリジナルの会話台本(チェックイン編)


いよいよゲストハウス「商店街HOTELS」のオープン日が来月に迫ってきました。

工事は順調に進み、日に日に思い描いた部屋へと変化する過程は楽しくて仕方ありません^ ^

そして、宿泊施設としてもう一つ重要なことはソフト面。
設備のハード面だけでなく、接客などのサービスを備えて完成するのが「宿泊サービス」です。

そんな偉そうなことを言う、私(穴吹)もスタッフの西もホテル勤務経験者なんです。 西は県内の宿泊施設で10年以上のキャリアを重ね、いっぽう私は中国上海の現地ホテルに2年ほど勤務した経験があります。

ホテル経験者の日本人スタッフと、言語対応ができる講師陣。実は宿泊事業をするには最高の人材が揃っていたんですw

そんな中、一部の生徒さんもボランティアとしてゲストハウス運営を手伝ってくれることになりました。

であれば、英語を使うチャンスとしてみなさんに活用していただきたい!そう考え、これからしばらく「おもてなし英会話」レッスンを始めようということになりました。

今回は、初回風景をお届けです!


初回は最も使う「チェックイン編」!!


講師3名集合、普段は実現しない贅沢なグループクラスw


講師達がオリジナルカリキュラムを考えてくれています


初回を終えてみて生徒さんに感想を伺ったところ、「実際に使う場がこれからあると思うとワクワクする」、「授業だけでは覚えられないから接客ロールプレイングもしてみたい」ととっても積極的な意見を頂けました。

今、私たちが目指しているのは、「教える」場と「使える」場の両方を提供できる英会話スクールになること。

高松にいても外国人が溢れてきた今だからこそできること、そんな新しい環境作りにチャレンジしていきたいですね!

私たちのスローガン「高松を日本を代表にする旅の街へ」に、スタッフそして生徒さんたちと一緒に一歩一歩近づいて行っています